タミフルやリレンザに変わる画期的な新薬

インフルエンザ治療薬として有名なのは、タミフルやリレンザといったノイラミニダーゼ阻害薬です。

どちらもA型、B型インフルエンザに有効であり、ウイルスが増殖するときに必要とするノイラミニダーゼという酵素を細胞内に閉じ込めることによってインフルエンザウイルスの増殖を防ぎます。

タミフルは経口薬、リレンザはパウダー状にして吸入薬として使用されます。

しかし、タミフルとリレンザ以外にもインフルエンザ治療薬は存在することをご存知でしょうか。

2010年に開発されたイナビルは、国内で初めて開発し、第一三共株式会社が販売製造している吸入薬で、インフルエンザ感染後48~72時間以内に投与するのが望ましいとされています。

副作用はほとんどなく、A型にもB型にも有効だとされています。

その他、点滴薬であるラピアクタは、一回15分投与するだけで済み、やはりA型とB型ウイルスに有効だとされています。
48時間以内の投与が望ましく、重症化した患者に投与されることが多いです。

また、インフルエンザ治療薬ではなくその他の治療薬として抗菌薬や点滴、解熱鎮痛剤などもあります。

抗菌薬は、本来普通の風邪の治療には効果がないとされていますが、例外としてインフルンザには有効なこともあり、またインフルエンザに感染すると肺炎に移行することもあるので肺炎予防になるともいわれています。

点滴は治療薬というよりも高熱による脱水症状や栄養不足を補うための治療です。

解熱鎮痛剤は発熱や関節痛に緩和のために用いられますが、小児の場合市販のアスピリン系の解熱剤を使用すると脳症や肝機能障害を起こす可能性もあるのでアセトアミノフェン系のカロナールや小児用バファリンを使用するのか望ましいでしょう。

このように、タミフルやリレンザ以外外にも多くの治療法が存在し、また日々研究も続けられています。

★文中でご紹介したパウダー状の薬
リレンザの通販
★様々なインフルエンザ治療薬を紹介しています。
インフルエンザ 薬