下剤や氷枕で解熱するよりタミフルが有効な理由

インフルエンザの症状の特徴として、関節痛や高熱があります。特に高熱が出た場合の対処方法は、やはり下剤や氷枕、あるは冷却シートなどで対処した方がいいのでしょうか。生憎それはあまり効果はありません。もちろん冷やすことで気持ちがよくなり、よく眠れたりするということはありますので、ケースバイケースではありますが、根本的な治療方法にはならないのです。そもそもなぜ熱が出るかというと、体内に入って来たウイルスを殺すためのものだからです。ですから、熱が出るのはごく当たり前のことなのです。
どうしても熱を下げたい、そのような場合はやはりタミフルのような薬を服用するのが一番です。インフルエンザの症状が出た場合は、病院ですぐ処方してもらうことができます。タミフルは症状が出てから48時間以内、つまり2日以内に飲まないと効果が出ませんので、インフルエンザかと思ったら、すぐに内科を受診するようにしましょう。タミフルは体内でウイルスを抑える作用があるため、冷やすよりも遥かに効果があり、すんなり熱が下がります。またタミフルは、インフルエンザ予防として服用することもできますので、あらかじめ内科医に言ってもらっておくといいでしょう。ただしこの時は、インフルエンザと診断されてからもらうわけではないので、保険が適用されず実費負担になります。
またタミフルを服用すると、異常行動を起こしそうで心配という人もいます。これはタミフルの副作用の1つですが、どのような薬にも副作用はありますし、その副作用を抑える方向で日々開発が進められています。ですから、まずは服用してみて、それでもどうも具合が悪い、あるいはおかしな行動を取るといった場合は、改めて医師に相談するようにしてください。