空気清浄機でウイルスを撃退しよう

人の体の中で発生する病気にはさまざまなものがありますが、その中でも特に無視をすることが出来ないのがウイルスに感染することで発生するさまざまな感染症です。
特に毎年、冬を迎える頃に流行り始めるウイルス感染症となっているのがインフルエンザです。
インフルエンザに感染したとしてもタミフルなどの抗インフルエンザ薬の処方である程度症状を和らげることが出来ますので、現代医療であればその大部分が完治できるようになっています。
ですがタミフルをはじめとした薬には当然ながら副作用もあり、過去にはタミフルを服用した子どもの異常行動などが話題になりました。
そうしたことを考えると、いくら良い薬があると言っても予防は重要であると言えるわけです。
この予防と言うところでまず行うべきと言えるのが「空気清浄機による対策」です。
現代では家電量販店などで専門コーナーが設けられることも少なくありませんが、高性能な空気清浄機にはウイルスを機械内部に閉じ込める機能が搭載されています。
一般的にインフルエンザウイルスに感染しやすいのは屋外だと思われがちですが、特に恐ろしいのが家族の中に感染者が出て、そこから感染が広がることです。
現代の家庭は気密性が過去の住宅と比べても優れたものになったためにウイルスが屋外へ放出されづらく、またウイルスが活発に活動する高温多湿の環境が構築されやすくなっていますので、「これまでは大丈夫だったから」と甘く考えていると家族全員がインフルエンザにかかるということも考えられてしまうわけです。
もし現在空気清浄機を使っているという場合でも内蔵のフィルターは一定期間で交換が必要なものですから、常に状態をチェックして予防には細心の注意を払うようにしてください。